証券CFD取引は何を売買するのか

初心者のための失敗しない証券CFD取引入門

まずはCFD取引とは何かを知ろう!

証券CFD取引は何を売買するのか

証券CFD取引で売買できる対象は、非常に多岐にわたります。
・みなさんが良く知っているトヨタやソニーといった日本の現物株式。
・GoogleやMicrosoftなどの海外企業の現物株式。
・日経平均やナスダックなどの各国の株価指数(※)。
・食料品企業、鉄鋼企業、通信企業などの業種別指数(※)。
・FXで取引しているドル/円、ユーロ/ドルなどの外国為替(※)。

その他にも金・穀物などの商品指数を扱うCFD取引証券会社もあります。
つまり、『世界中の様々な金融商品を売買できる』のが証券CFD取引の特徴です!
今までは、日本株やFXなどで別々に証券口座を開設していましたが、
これがCFD取引口座一つで済むんです。

注意事項としては、証券CFD取引証券会社(みなさんがこのあとで口座を
開設する証券会社)によって、売買できる銘柄が違う場合があることです。
例えばA証券会社ではトヨタは購入できるけど、B証券会社では日本の株は
購入できないなどがありますので注意が必要です。





Copyright 2009 CFDの入門ガイド − はじめてのCFD取引 All Rights Reserved.
CFDの入門ガイドへのお問い合わせ、ご要望をお待ちしています。  アクセス総数:総アクセス数