ひまわり証券:CFD取引のはじめ方

初心者のための失敗しない証券CFD取引入門

CFD取引にチャレンジ!はじめ方!

ひまわり証券のCFD取引口座

本ページの内容は、ひまわり証券株式会社が提供する証券CFD取引口座に関する情報です。 実際に資料を請求したり、問合せ窓口へ電話を行って調査した内容をまとめていますが、 取り扱い情報については、内容が変更になる場合があります。
本サイトでは、情報の正確性に勤めていますが、本情報を利用したことによるいかなる損害の発生など一切責任を負いません。 必ずご自身でご確認をお願い致します。

>> ひまわり証券【証券CFD取引】の資料請求(無料)



デモトレード


デモトレードの有無 有り
仮想資金1,000万円でスタートできるデモの取引システムがあります。無料です。
デモトレード:自己資金を使って取引するのではなく、 実際の環境下で仮想マネーを使用して演習することができるものです。


CFD口座開設関連費


口座開設費 無料
維持管理費 無料
最低預かり金 10万円以上
口座開設基準 CFD取引はリスクも伴うために、下記のような口座開設基準があります。これらは実際に調査されるわけではありませんが、口座開設時の質問表に記載があります。

@株式現物取引6ヶ月以上又は株式信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、商品先物取引、CFD取引のご経験があること。
AひまわりCFDにおける仕組みとリスクを十分にご理解し、自己の責任と判断においてお取引いただけること。
弊社のひまわりCFDにおける口座開設に必要な契約書類の内容をご理解・ご同意の上、契約書類を差し入れていただけること。
Bお申込みの段階で金融資産が200万円以上あること。
※金融資産とは、銀行預金や株式、投資信託、債券などを指します。
Cお客様が20歳以上75歳以下であること(学生不可)。
お客様と弊社が常時連絡を取れる状況にあること。
D契約書類に、お客様の氏名、住所、電話番号、生年月日、職業等、弊社の定める事項が正しく記入されていること。
E商品銘柄の英語表記を理解できること。
口座開設料:CFD口座を開設する際に必要となる費用。最近はほとんどの証券会社が無料となっている。
維持管理料:口座を開設しているだけで定期的に支払う口座の維持管理料。最近はほとんどの証券会社が無料となっている。
最低預かり金:口座開設した後に、入金しなければならない「自己資金の最低額」。
口座開設基準:CFD口座を開設するために必要となる基準を設けているか否か。CFDは大きなリターンが見込める分、リスクもあるために、CFD取引を行うためには、一定の条件(基準)を設けている証券会社が多い


取引


レバレッジ 最大20倍
手数料

0円
5,000種類以上の東京証券取引所上場銘柄、米国・欧州(英国やドイツなど)の外国株、海外ETF、海外の主要株価指数などが手数料0円で取引可能。先物CFDは手数料あり。

取扱銘柄  
取引時間 24時間
サポート <<<調査中>>>
レバレッジ:自己資金の何倍までの取引ができるのかの倍率。
手数料:株や各種指数を購入する場合に必要となる手数料。
取扱銘柄:CFD口座を開設することで売買できる銘柄数。
取扱時間:CFD取引ができる時間。CFDは原則24時間取引が可能である。
サポート:困ったときのサポート体制。


取引方法/ツール


専用ツール 有り
ブラウザ 有り
モバイル 有り

専用ツール:CFD取引を行う場合に専用のツールをインストールして行う。
ブラウザ:InternetExploerやFirefoxなどのWebブラウザを利用してCFD取引が出来るか否か。
モバイル:携帯端末を利用してCFD取引が出来るか否か。

>> ひまわり証券【証券CFD取引】の資料請求(無料)



Copyright 2009 CFDの入門ガイド − はじめてのCFD取引 All Rights Reserved.
CFDの入門ガイドへのお問い合わせ、ご要望をお待ちしています。  アクセス総数:総アクセス数