CFD取引の魅力

初心者のための失敗しない証券CFD取引入門

CFD取引がなぜ注目されるのかを知ろう!

下落相場(不景気)に強い!

通常株式の場合には、自己資金を元に株を購入するわけですが、
逆に所持していない株を売ることから始めるもできます。
FXでは売りから始めることができるように、
証券CFDでも売りから取引開始ができるのです。
つまり、価格が落ちている下落相場では売りから初めて、
上昇相場では買いからはじめることで、
利益を生み出すチャンスが大幅に増えることになります。

「所持していないものを売る」という行為は、
初めての方には理解が難しいと思いますが、簡単に言えば、
現在1000円のA社株があったとして、4月1日にA社株の売りを行った場合、
600円に値下がりした4月20日に買えば(先ほど売った株の反対売買)、
その差額400円の利益になります。

証券CFD取引の空売り

逆で、1100円に値上がりしたところで買えば、100円の損失になります。
つまり、売りから始めれた場合には価格が落ちるほどに利益があり、
価格が上がるほどに損失が増えることになります。
そのため、下落相場では非常に有効な取引形態となります。





Copyright 2009 CFDの入門ガイド − はじめてのCFD取引 All Rights Reserved.
CFDの入門ガイドへのお問い合わせ、ご要望をお待ちしています。  アクセス総数:総アクセス数