CFD取引関連の用語集

初心者のための失敗しない証券CFD取引入門

CFD取引でわからない用語をチェック!

CFD取引のための重要用語集 あ行

 外貨準備高【Foreign Exchange Reserve】
国が保有する対外支払準備資産額のこと。外貨準備(がいかじゅんび foreign reserve)とは、中央銀行あるいは中央政府等の金融当局が外貨を保持すること。保持している外貨の量を外貨準備高(がいかじゅんびだか)という。

 買い気配
買い注文が殺到して、売り注文が少ないために取引が成立しない状態。(反対語)売り気配

 外国為替及び外国貿易法
98 年4月1日に施行された「外国為替及び外国貿易法」の事であり、以前は「外国為替及び外国貿易管理法」と呼ばれてた。近年の国際金融取引を取り巻く環境の変化に対応し、日本の資本市場及び金融市場の一層の活発化を図るために、資本取引等について届出又は許可に係る制度を、原則として廃止して事後報告制度に移行すること。
第一条より、「この法律は、外国為替、外国貿易その他の対外取引が自由に行われることを基本とし、対外取引に対し必要最小限の管理又は調整を行うことにより、対外取引の正常な発展並びに我が国又は国際社会の平和及び安全の維持を期し、もつて国際収支の均衡及び通貨の安定を図るとともに我が国経済の健全な発展に寄与することを目的とする。 」

 外国為替公認銀行
旧大蔵大臣の認可によって外国為替の取引を行うことのできた銀行(為銀)。1これまで、外国為替取引は「外国為替及び外国貿易管理法(外為法)」によって、必ず外国為替公認銀行と行うように制限されていました。これを「為銀主義(ためぎんしゅぎ)」といいます。
しかし、1998年4月の外為法改正で為銀主義は撤廃され、外国為替取引は、企業間でも自由に行えるようになりました。

 外国為替市場【Foreign Exchange Market】
外国為替取引を行う場。東京証券取引所のよな特定の場所があるわけではない。

 外国為替特別会計
外国為替の売買などを管理する国の特別会計。円売り介入の資金は外為特会を通じ、政府短期証券(FB)の一種である外国為替資金証券(為券、償還期間3か月)の発行で調達します。介入で得たドルは外貨準備となり、外為特会の中で米国債などに替えられて運用されます。

 外国通貨建て
日本国内での外国株式売買など、外貨で決済が行われるという意味。

 買い持ち
株やFXなどで買った銘柄を所持している状態のこと。

 カウンター・パーティ【Counter Party】
取引相手のこと。インターバンク取引の場合は、相手方の銀行を指します。

 カバー【Cover】
自分のポジションを精算する方向で外国為替の売買を行うこと。買っているポジションを売ること。売っているポジションを買うこと。

 株価指数
株価の推移や株価水準を示す指数で、TOPIXやNASDAQ総合指数など代表的な株価指標の一つ。基準時点での株価水準を100として、比較時点での株価水準との比較を容易にできるように、多くの株式についてその価格変動を総合的に指数化したものである。

 為替差益
FX取引など為替相場の変動によって生じた利益。

 為替差損
FX取引など為替相場の変動によって生じた損失。

為替相場決定理論
為替相場において為替価格変動がどのような要因・原因で起こるのかを分析したものです。国際収支説、購買力平価説などがあります。

 カントリーリスク【Country Risk】
海外での投資・融資における相手国の信用度を指します。海外投融資や貿易を行う際、対象国の政治・経済・社会環境の変化のために、個別事業相手が持つ商業リスクとは無関係に収益を損なう危険の度合い。


 イキウィ【Kiwi】
FXなどでニュージーランド・ドル(NZD)の通称。

 機関投資家【Institutional Investor】
顧客から拠出された資金を運用・管理する法人投資家の総称。「投資顧問会社」「信託銀行」「投資信託会社」などが含まれます。個人投資家に対して、比較的大規模の取引集団のこと。

 基軸通貨【Key Currency】
政府・企業・個人が国際間取引で広く使用している通貨。現在は米ドルが基軸通貨となっていますが、ユーロの勢いも大きい。2008年からの米国発の世界恐慌を契機として急激なドル安が続いていることから、リスク分散として米ドルに集中しないような考え方もでてきた。

 逆指値【Stop Order, Stop Loss Order,STP】
指定した価格以上になったら買注文、または指定した価格以下になったら売注文で損失を限定させる注文。ストップオーダーまたはストップロスオーダーとも呼ばれる。

 協調介入【Coordinated Intervention】
為替相場の乱れて急激な円高や円安になることにより世界中の経済が混乱することを阻止してレートを安定させるため、中央銀行が市場に介入することを市場介入という。


 クォート【Quote】
銀行が提示する為替レートのこと。

 クロスレート
主にFXなどで使われており、「米ドル」が関係しない通貨取引のことを言います。例えば、「ユーロ/円」や「ユーロ/英ポンド」など。


 現金売相場【Cash Selling Rate】
一般顧客に銀行が外貨を現金で売るレート。

 現金買相場【Cash Buying Rate】
一般顧客に銀行が外貨を現金で買うレート。

 限月
決済しなければならない先物取引の期限月のことをいう。


 購買力平価説【Purchasing-Power-Parity Theory】
外国為替レートの決定要因を説明する概念の一つ。為替レートの価格形成は、自国通貨と外国通貨の購買力の力関係(比率)によって決定されるという説。

 公定歩合【Office Discount Rate】
日銀が民間金融機関に貸し出すときに適用する基準金利のこと。

 国際収支【International Balance of Payment】
一定期間の間に外国と取り交わした経済にかかわる取引額記録のこと。資本収支と経常収支に大別できます。

 国際通貨基金【International Monetary Fund】
外国為替相場の安定や国際的な金融協力を図るために設立された国際協力機関です。

 国内総生産【Gross Domestic Product】
GDPと略す。一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のこと。

 固定相場制【Fixed Exchange Rate System】
為替相場の変動を、一定の狭い範囲もしくは固定する制度。


スポンサー


スタート!CFD取引 について

スポンサー

Copyright 2009 CFDの入門ガイド − はじめてのCFD取引 All Rights Reserved.
CFDの入門ガイドへのお問い合わせ、ご要望をお待ちしています。  アクセス総数:総アクセス数